フリースタイルリブレとダイエット

厳しい糖質制限は不調が現れたため中止。現在はフリースタイルリブレで血糖値を測りながら、DASH食を取り入れた健康的なダイエット(食事法)を目指しています。

【コロナ肥満】自粛生活の影響がぼちぼち出始めてます

f:id:kazokunoegao:20200529072723j:image

息子が血液検査を受けてきました。長男はこの春から専門学校に通い始めてますが、例に漏れず、まだ授業が始まっていません💦(入学式もなしでした)奨学金の説明と教科書受け取りに行った程度。

そんな中で長男が献血に行ってきました。

新型コロナウイルス感染症の流行で、献血の協力者数が激減しているそう。私の勤める事業所でも献血センターからの強い要望があり、3月に献血を実施しましたが、やはり参加者はいつもの半分以下でした。

長男には17歳から献血を勧めていて、それ以来、本人、定期的に自主的に献血に行っています。中学から卓球部で、高校に入ってからは盆と正月以外はほぼ毎日練習に通っていました。健康で持病はありませんでしたので、それゆえ、血液検査を受ける機会も少ないので、日ごろの体調管理のためにも無料で血液検査結果が貰える献血を勧めていました。(本人は多分、お菓子も食べれるしジュースも飲めるし、漫画も読み放題だからと思いますが)

その血液検査結果が昨日届きました。

 

今回の検査結果で気になったのは、GPT(肝機能数値)とコレステロール値です💦

f:id:kazokunoegao:20200529073955j:image

こちらが今回の値です。前回と比べると…

f:id:kazokunoegao:20200529074022j:image

GPTは下がり、コレステロール値は上昇していて、11→9、150→169という値に。

一番右の値は高2の冬(H31.2月)。一番忙しく試合だ練習だとしていた時期です。運動負荷も高い分、食事もたくさん食べていました。1日4食くらい(^_^;)クラブで買ったプロテインも飲んでいた時期です。プロテインはザバスやビーレジェンドなどの一般的な市販の物を飲んでいたと聞いています。

その左(R1.6月)は、高3になりクラブを引退した直後です。大食漢の癖がついていたので、食事は結構食べていましたが(1日3.5食くらい)プロテインを止めたらGPTとコレステロールが落ちてびっくりしたのを覚えてます。その後、ようやく普通の3食になった後も(R1.9月)、値は6月と変わらずでしたので、この子の平均的な値はこれくらいだなと思っていました。

 

しかし今回のこの値…

f:id:kazokunoegao:20200529073955j:image

GPTは下がり、コレステロールが上がる。コレステロールは結構上がってますからね…。

 

犯人は、コロナ自粛か…(笑)

 

確かにバイトにはたまに入ってますが、緊急事態宣言の後はずっと休みで自宅でゴロゴロ。卓球がしたくても、体育館は休館中。

 

お菓子食べたり、インスタントラーメン買ってきて食べたり。

 

お昼ごはんは私が出来るだけお弁当を作ってましたが、それでも暇なので、コンビニにぶらっと入ると、ちょこちょこ買い食いしてましたからね💦

 

気をつけねばなりませんね。

 

私も…💦


f:id:kazokunoegao:20200529082118j:image

ちなみに献血に行ったら使い捨てマスク頂いたそうです。ありがたい。

 

皆様もぜひお時間ありましたら献血へ。年に一度の健診の合間のつなぎの体調管理に、利用されてみてはいかがでしょうか?

【家庭で出来るコロナ対策まとめ】5月からの感染症予防対策

f:id:kazokunoegao:20200413080023j:image

長期化する自粛生活。家族に乳幼児や高齢者、基礎疾患を持つ人や妊婦さんがいると、さらなる不安を抱えた生活を送られている方も多いはず。5月4日に自粛生活が5月末まで延長されることになりましたが、今後も家庭で出来る感染症予防対策をまとめてみました。

続きを読む

【水溶性食物繊維と不溶性食物繊維】高血糖や大腸がん予防に効果あり

f:id:kazokunoegao:20200321163736j:plain

その昔は「栄養の無いもの」とされていた食物繊維ですが、高血糖を抑制したり、大腸がんの予防に効果があることなどが報告されており、現在では糖尿病患者数が潜在数を含めて2000万人、がん罹患数の一番多いのが大腸がんということから、その有用性に大きな注目を集めています。

続きを読む

【糖質リハビリ②】耐糖能低下がみられるときの糖質の摂り方について

f:id:kazokunoegao:20200321164636j:plain

糖質リハビリ①では、厳しい糖質制限を止めてから、まずどのような種類の糖質を摂り始めたかについてご紹介しました。耐糖能が低下しているときの、少しの糖質摂取で高血糖を起こすことを避けるため、糖質の種類と共に気をつけたい、糖質の摂り方についてもご紹介します。

続きを読む

【糖質リハビリ①】糖質制限を止めて体を少しづつ糖質に慣らす

f:iwidth=

いけざわレディースクリニックを受診した私は、厳しい糖質制限を長く続けていることで、耐糖能機能が低下し、糖尿病に近づいているかも?というような状態になっていることが解りました。また検査では、健常な人の何倍もの追加インスリンが出ていることも判明。耐糖能機能を正常に戻すため、まずは今の厳しい糖質制限を止め、少しずつ糖質摂取量を増やしてみて、また後日調べてみましょうということになりました。

続きを読む

【糖質制限を止めました④】糖質制限で耐糖能が低下し糖尿病のような状態に

f:id:kazokunoegao:20181107232645p:plain

約1年間の糖質制限で18キロ痩せたものの、60キロから全く落ちなくなったので、更に糖質制限レベルを厳しくしますが、やっぱり痩せない。まだまだ体脂肪率は高く、痩せれる余地はあるはずなのに。そんなとき、SNSで偶然知ったクリニックを受診し、検査を受けることになりました。調べた結果、このまま続けていると、本当の糖尿病になってしまうかもしれない、という言葉に愕然としました。

続きを読む

【糖質制限を止めました③】メガビタミンやフェリチン高値に意味は無かった

f:id:kazokunoegao:20181222235719j:plain
糖質制限を始めて1年が経過した頃。体重がびくとも落ちなくなったため「より厳しい糖質制限」に変更し、糖質量をさらに減らすようになりました。食事も1日3食から1~2食となり、家族と一緒の外食も控える様に。しかし糖質摂取量は今までよりも更に減らしているのに、体重は全く落ちません。しかもそれだけでなく、髪や肌の調子も悪くなり、たまの糖質摂取では、猛烈な眠気に襲われるようになっていました。

続きを読む

【糖質制限を止めました②】さらに糖質量を減らすと不調が出始めた

f:id:kazokunoegao:20181114141001j:plain

糖質制限を始めて1年が経過した頃、ちょうど職場の健康診断がありました。それまでは毎年「要指導」に引っかかるほどの「メタボ予備軍」で、診療所からの呼び出しが本当に恥ずかしくて嫌で仕方ありませんでした。しかし、糖質制限で痩せてからの職場の健康診断は、楽しみで楽しみで結果が待ち遠しかったのを覚えています。体重計に乗り、腹囲を測った時の看護師さんの「ものすごく痩せましたね!」という驚きの声がどんなに嬉しかったことでしょう。しかし後日、血液検査の結果を手にした私は「え!」と驚くことになります…。

続きを読む

【糖質制限を止めました①】糖質制限を続けているのに体重が落ちなくなる

f:id:kazokunoegao:20181104135109j:plain

糖質制限を始めて1年が経過した頃から、体重が全く落ちなくなってしまいました。この頃の糖質摂取量は1日150g程度。昔の肥満だった頃の糖質摂取量に比べれば、3~4分の1程度になっていました。健康体重を目指すためにもう少し落としたい、と考えていた私は、更に1日の糖質摂取量を減らすことにしました。しかし、それが糖質制限による不調の始まりだったのです・・・。

続きを読む

【止めるダイエット】あれこれやってきた食事法をリセットする

f:id:kazokunoegao:20200205012313j:plain

乱れた食習慣を見直したい、増えた体重を適正体重に戻したい、不規則な生活での不調が続いている…そんな、今のままではいけない!と食生活を見直すとき、身体不調なままで新しい食事法や健康法を始めても、はたして悪い影響は起こらないのでしょうか?

続きを読む

【日本人の食事摂取基準2020年度版】が公開されました

f:id:kazokunoegao:20200103034124j:image

昨年の2019年9月に大阪で行われた厚生労働省策定の「日本人の食事摂取基準(2020年度版)」の研修会に参加してきました。この研修会は、北海道・宮城・東京・愛知・大阪・岡山・福岡と、7都市で開催されました。5年ごとの改定における策定発表前の研修会です。

続きを読む

【DASH食】これさえやればOK!今日からできる簡単DASH食

f:id:kazokunoegao:20191102104442j:plain

アメリカの国立心肺血液研究所で策定された、健康的な食事法としてアメリカでは長く支持されているDASH食。しかし残念ながら日本では、まだまだ認知度の低い食事法となっています。そこで大事なポイントをおさえつつ、完璧に取り入れられずとも気軽にできる、いいとこどり「簡単DASH食」をご紹介してみたいと思います!

続きを読む

【便秘対策に食物繊維】ミューズリーとオートミールで快便生活

f:id:kazokunoegao:20191130171840j:image

DASH食を始めた頃から食べている「ミューズリー」と「オートミール」。「麦」をメインにフレーク加工したもので、砂糖類は基本的に無添加。食物繊維が多く、常温で保存ができ、ストック出来る低加工食品です。私はミューズリーやオートミールを摂るようになってから、長年悩みだった頑固な便秘が大幅に改善されました。

続きを読む

【食品添加物を避ける】子どものおやつには家で作るものを食べさせたい

f:id:kazokunoegao:20191102190441j:plain

週5仕事をしてるので、平日の朝ごはんは結構手抜きだったりする。蒸したサツマイモ、ゆで卵、チーズ、おにぎり、ヨーグルト、果物、朝のお弁当用の残ったおかず、前夜の残り物だったりすることもある。なので、せめて休みの日くらいはと、おやつにパンケーキを焼いてみたりしています。

続きを読む