フリースタイルリブレとダイエット

深刻な不調が現れたため厳しい糖質制限を中止し、リブレで血糖を測りながら、自分にあった健康的なダイエット(食事法)を目指しています

【糖質制限を止めました③】長く糖質制限を続けていると体に不調が出始めた

f:id:kazokunoegao:20181114135918j:plain

糖質制限を始めて1年が経過した頃。ふと様々な「糖質制限を始めるまでとの違い」を経験し始めるようになりました。それまでの過体重からの順調な減量で体調は良いと喜んでいたのですが、それだけではない「ちょっとした身体の変化」を感じ始めます。小さな不調だし、たいしたことないかな?とは思っていたのですが…。

職場の健康診断でコレステロール値が高値に

体重は18キロ減り、花粉症が改善されて、夜もよく眠れるようになりました。市販のサイズの洋服も着られるようになり、私は糖質制限で体調が良くなったと喜んでいました。

しかし、職場の健康診断での血液検査結果を手にして驚きます。78キロの時には基準値内の収まっていたいた総コレステロール値とLDLコレステロール値が基準値を超えてしまっていたのです。

その当時はタンパク質もちゃんと計算して摂り、脂質はオメガ3を意識した良質な油も摂取していました。しっかり1日に必要な栄養素の補給は出来ているはずなのに?と。

また、LDL高値と同時に気になったのが、中性脂肪が基準値内下限を下回っていることと、GOT・GPTの肝機能数値も低値になっていたことでした。

栄養学の本も自分なりに読んで、ビタミンやミネラル摂取にも気を付けていました。食事で足りない分は、プロテインやサプリメントで補っていました。

タンパク質は厚生労働省が推奨する、1日60gを目標に摂取するようにしていました。肉類では、牛豚鶏をまんべんなく摂るようにし、レバーも食べていましたし、魚も生食を中心に食べていました。他にも、卵や乳製品・大豆・大豆加工品もまんべんなく摂るようにしていました。

脂質はサラダ油やマーガリンなど、トランス脂肪酸を含むものを出来るだけ避けるようにし、外食やお惣菜購入の際にも揚げ物は避けるようにしていました。料理にはえごま油やアマニ油を使うようにし、MCTオイルやバターも意識して摂取。

なのに、血液検査結果ではそれまでになかった基準値を下回る低値があったり、反対に基準値を上回る高値が出てしまっていたのです。

そんな不安の原因を探すため、当時、フェイスブックで意見交換が盛んになっていた、糖質制限関連のグループの投稿を検索する日々が続きました。フェイスブックにはグループといわれる公開・非公開の集まりがたくさんあります。中には現役の医師が多く参加するグループもあります。私はそれらにいくつか参加し、参加者の投稿やその回答・コメントなどを参考にしていました。

髪のコシやハリの無さ、抜け毛を感じていた

SNSを検索するその中で、ふと気になったのが、厳しい糖質制限をされていた女性たち、つまり「断糖」に近い食事をされている女性の方々の投稿記事でした。彼女たちの写真を拝見して目についたのが彼女たちの自撮りなどの写真でした。明らかに「薄毛」と思われるような方が何人もいらっしゃったのです…。

その事が気になり始めてからは、その女性たちの過去の投稿や掲載された写真やコメントを遡って探すようになってしまいました。もう、気になって気になって仕方ない(笑)

写真を載せられていない方もおられましたが、過去の写真を載せられていた方の中には、明らかに糖質制限前と糖質制限を始めてからの写真の「見た目年齢」の違いに驚きを隠せませんでした。

ふわっとした分け目のないヘアスタイルで若々しかった方が、明らかに生え際が後退し、分け目がくっきりついている。ボリュームがなくなりペタンとしたヘアスタイルになっていて、かなり老けたように見えました。

ご本人は「糖質制限で体調良く、元気になった!」と喜びの言葉を投稿されていましたが、他人から見れば、1年前の写真と比べたその方の現在の風貌は、明らかに5歳以上、下手すれば10歳以上老けて見えるのです。

そういう私自身においても、抜け毛が多いなと感じることが増え、入浴時に髪を洗う度にごっそり抜けてびっくりする時がありました。「季節の変わり目だからかな…」と思ったりはしたのですが、ハリやコシもなくなり、ロングヘアだと分け目が目立つことから、ショートヘアにしてパーマをかけたりしていました。

また、髪だけではなく、肌の質感の違いが顕著に出ている方もおられました。顔色が悪くどんよりしたトーンになり、シミや小じわも目立つ感じに。痩せた分、しぼむような顔の表情に、老けを感じずにはおれませんでした。

 

体感は信じられない、まずは詳しく調べなくては

そんなSNSで垣間見た「糖質制限を実行している人たちの中に見られる、体感と見た目のギャップ」に、ますます不安感を持つようになりました。

「こんなにも体調がよい!元気いっぱい」と言っているのに、傍から見てもなかなかそうは感じられない。特に「痩せ型」の方にその傾向が多く見られるように感じました。元々が肥満傾向で不健康そうだった方については、そんなことはなく、太っていた時と比べると、標準体型になりお若く見えるようになり、お元気そうに見える方が沢山おられました。しかし元々がそんなに太ってもいない「標準体型」だった方については、糖質制限により「痩せ型」になった結果としては、どうみても「健康的」には見えなかったのです。

これって、私自身の体感も、実はあてにはならないのではないか…?という気になってしまったのです。これは私ももう一度「体感」ではなくきちんと医療機関で体調を「検査」でちゃんと調べなくては!と思うようになりました。

その後、フェイスブックで、ある医師の投稿が気になるようになります。当時糖質制限を推奨する意思が多かった中に、厳しい糖質制限は健常者には向かないのではないか?との意見を持った医師がいらっしゃったのです。自身が気になっていたこともあり、その医師のクリニックを調べると、遠方ではありましたが通えない距離ではありませんでした。私はそのクリニックを受診してみることにしました。

後に、このクリニックとの出会いが、私の運命を左右したといってもいい様な重要な出会いとなりました。