フリースタイルリブレとダイエット

深刻な不調が現れたため厳しい糖質制限を中止し、リブレで血糖を測りながら、自分にあった健康的なダイエット(食事法)を目指しています

【厳しい糖質制限をやめました】体を少しづつ糖質に慣らす糖質リハビリ①

f:iwidth=

いけざわレディースクリニックを受診して、厳しい糖質制限を長く続けていることで、私の体は耐糖能機能が低下し、糖尿病に近づいているかも?という状態になっていることが解りました。また検査では、健常な人の何倍もの追加インスリンが出ていることも判明。耐糖能機能を正常に戻す為に、今の厳しい糖質制限を止め、少しずつ糖質摂取量を増やしてみて、また再度調べてみましょうということになりました。

果糖から少しづつ糖質摂取を増やしていく

先生から提案されたのは、まずは、朝の活動量の多い時間帯に、果物や砂糖・蜂蜜など、単糖などを中心に毎日少量の糖質を摂るようにしてみましょうということでした。

果物などに含まれる糖は、果糖と呼ばれているもので、フルクトースと呼ばれる単糖になります。蜂蜜も同じフルクトースが含まれる単糖含まれます。砂糖スクロースと言われる糖で二糖類になります。二糖類は加水分解されるとグルコースとフルクトースを生じます。つまり単糖になるということです。

単糖(一糖という表現)、二糖(二糖類)は、多糖類(でんぷん質など)に比べて分子単位が小さいことから、素早く小腸で吸収されます。そのため血糖を上げやすいともいわれています

しかし、糖の吸収が早いということは、逆に血糖値に対する反応としては、上がりやすい糖質でもあるが、下がりやすい糖質でもある、ということが言えます。

多糖類の場合、単糖にまで分解して小腸で吸収出来るようにする必要があり、唾液なども使って分解していきます。そのため、でんぷん質は吸収するまでに、単糖・二糖類に比べて吸収に時間がかかるのです。

「ラーメンを食べて高血糖を起こした」という私の経験から考えると、少しづつ糖質の吸収に体を慣らすためには、少量の単糖や二糖類を摂って、素早く細胞に吸収させ、高血糖になる時間を短くすることが、「高血糖を起こして気分が悪くなる、急激に眠くなる症状」つまり、先生の言う「糖質酔い」を避ける糖質の摂取が出来ます。

朝に果物を食べるようにしました

厳しい糖質制限をしていた私のそれまでの朝ごはんは、乳脂肪が40%以上の無添加の純生クリームを100~200ccと無糖コーヒー、または無塩バターやMCTオイルやココナツオイルを入れたコーヒーのみというような、今思えば、ちょっとおかしな高脂質生活を送っていました。純生クリームは高脂肪食ではありますが、砂糖を入れない生クリームの糖質量は、100㏄でも3g以下です。これにココアパウダーやシナモンパウダーを入れてホイップして食べるという朝食を食べていました。

f:id:kazokunoegao:20181111004917j:plain

しかし、今はもう「高脂肪食」は避けるようにしています。動脈硬化や高コレステロール、血管損傷、腸内環境の乱れなど…、数多くの悪影響があると言われているためです。当時の私はまだそれらの悪影響を調べる術を知りませんでした。このような「高脂肪食品のみの朝食」は止めて、少量の果物を摂るようにしました。果糖で体を徐々に糖質摂取に慣らしていくようにしました。

f:id:kazokunoegao:20181111005035j:plain

f:id:kazokunoegao:20190123232419j:plain

 

朝に糖質を摂るようにする理由

先生が「朝の活動量の多い時間帯に糖質を摂取するように」と勧めてくださったのは、私が主婦であることもあったかと思います。もしこれが、学生さんやサラリーマンであれば、違う時間帯を勧められたかもしれません。私は平日はパートタイマーに出る主婦で、9時~5時まで事務職に就いています。普段、朝は5時~5時半には起きて、長男と夫と自分のお弁当を作ってから朝食を作り、洗濯機を2回して、犬の散歩に30分程度行ってから、次男を送りだします。そうしてようやく自分の身支度を済ませて、仕事に出勤しています。

朝の3時間は、それはもう、座る暇もないバタバタな毎日です。朝ごはんも、ほぼ立ち食い状態(笑)なので、少々の糖質を摂っても、活動量が多いのですぐに消費してしまいます。そのため多少糖質を摂り過ぎたとしても、常に動いていると高血糖は起こしにくくなりますので、私にとっては朝の糖質摂取は糖質リハビリに向いている、ということなんだと思います。

f:id:kazokunoegao:20181111005146j:plain

それまでの朝食は糖質は全く摂らず脂質のみ、といったスタイルでしたが、糖質リハビリを取り入れるようになってからは、スクランブルエッグやチーズなどに果物をプラスした、少量の糖質を朝食で摂ることも増えていきました。

初期の段階ではでんぷん質は摂取せず

糖質リハビリの初期の段階では、でんぷん質による糖質の摂取はほぼしていませんでした。初期の段階の朝食では、果物の他に、ドライフルーツを入れた無糖ヨーグルトやホットミルクに蜂蜜を入れたもの、野菜のポタージュなどを飲んだりしていました。それは耐糖能が低下した体にいきなりパンやご飯は処理しきれないだろうというのもありましたが、私自身が「精神的に糖質の多いものを受け付けられない」という精神的なものがありました。

糖質制限を始める前には、毎日のようにパンやご飯を食べていましたが、糖質制限を始めてからは、平日はほぼ食べなくなっていましたし、厳しい糖質制限に入ってからはパンやご飯は半年以上ほぼ食べていませんでした。それもあり、食べるのが怖くなっていたのです。「パンやごはんを食べだしたらすぐ太ってしまうのではないか?」という恐怖心があったのです。

しかし先生は、無理して食べることはないので、リブレを見ながら少しづつ摂ればいい、ゆっくり行きましょうと言ってくださいました。その先生の言葉は、リハビリを進める上での心強い味方になりました。焦らずにゆっくり自分のペースで進めればいいのだ、そう思うようになってからは、少しずつではありますが、パンやごはんも食べれるようになりました。