フリースタイルリブレとダイエット

深刻な不調が現れたため厳しい糖質制限を中止し、リブレで血糖を測りながら、自分にあった健康的なダイエット(食事法)を目指しています

【子どもと楽しく栄養選択】フレッシュ無塩バターを手作りしてみました

f:id:kazokunoegao:20181215004214j:plain

材料はたったのひとつ!生クリームだけで簡単に無塩バターを作ることが出来ます。但し難点なのは、大量生産出来ないこと(笑)実は超簡単で美味しいフレッシュバターが出来るのですが、とても時間と手間がかかるので、ぜひ子どもさんと一緒に、遊びのひとつとして楽しんでやっていただけたらと思います♪

奈良県うだ・アニマルパークの体験教室

f:id:kazokunoegao:20181215004221j:plain

奈良県宇陀市にある「うだ・アニマルパーク」は、奈良県が運営する観光牧場。無料の駐車場に入園料も無料の観光牧場で、ひつじやヤギのえさやりも、ポニー乗馬も無料となっている、小さい子供さん連れの親子でにぎわう、奈良の人気のレジャースポットです。
f:id:kazokunoegao:20181215134713j:image

そこで人気の体験教室である、手作りバター教室に参加したのがきっかけで、うちでもバターを作るようになりました。参加費は、材料と容器と、後でバターを試食する用の一緒に食べるクラッカーがついて、1人300円でした。バターを作った後に牛の乳しぼりも一緒に体験できます!

f:id:kazokunoegao:20181215124954j:image

人気の教室なので、午前中早めに行って、先に申し込みをしておきました。(その前に行った時は、すでに締め切られて参加できなかったので)

f:id:kazokunoegao:20181215004230j:plain

容器は耐熱の広口のふた付き容器があればOK。我が家は教室でもらった容器を使っていますが、お家で用意される時には、使用後に容器を熱湯で洗える方が衛生的です。ジャムの空き瓶などで代用出来ます。キレイに洗った瓶を用意し、熱湯消毒してから乾かしたものを使用してくださいね。

材料は高脂肪無添加の生クリームのみ

f:id:kazokunoegao:20181128215745j:plain

無添加の高脂肪の生クリームだけで簡単に無塩バターが出来ます。乳脂肪45~47%の無添加のものを用意してください。生クリームの中には、添加物を入れて乳脂肪を調整しているものもあるので、添加物入りのものは使わずに、純生クリームで作ってくださいね。

※添加物入りのものを使ったことはないので、うまく出来るかどうか保証できません。

 

作り方はひたすら振るだけ!

f:id:kazokunoegao:20181128215826j:plain

最初は50mlくらいから始めてください。50mlでうまく出来るようになってから、量を増やすようにしてみてくださいね。最初から量を増やして作り始めると、振る時間がかなり必要になり、結構大変です(笑)

<作り方>

①容器に生クリーム50ml入れて蓋をする。

②ひたすら上下に振る。

③チャプチャプ音がする→無音になる→ひたすら振る

④再びチャプチャプ水の音がする

⑤蓋を開けて水分を取り出す

⑥クリーム状のバターをバターナイフで押さえて、更に水分を絞り出す

⑦完成

これだけです!

振るのはしんどいが子どもでも楽しんで出来る

無音になった時は、クリーム状から塊になって、そこから水分が分離してバターが出来ます。この水分はホエイ。ヨーグルトに出る水分と同じです。栄養分たっぷりなので、酸味が少しありますが、ぜひ捨てずに飲んで欲しいです。

無塩のフレッシュバターは冷やして保存しても硬くならずに塗りやすいので、ホットケーキやパンに使っても、子どもが自分で塗ることが出来ます。

普段の市販のバターだと、冷蔵庫から出してすぐは硬くて使いにくいですが、これはふわふわのクリーム状のフレッシュバターです。無添加の分、作ってから2・3日以内に使いきるようにしてくださいね。

作るのは結構大変なのですが、大人にとっても子どもにとっても、苦労して自分で作ったバターの味は格別です!雨の日や退屈退屈と子どもがうるさくて?暇な時に、我が家は作っています(笑)