フリースタイルリブレとダイエット

深刻な不調が現れたため厳しい糖質制限を中止し、リブレで血糖を測りながら、自分にあった健康的なダイエット(食事法)を目指しています

【プラントベース・ホールフード】京都ヴィーガン&グルテンフリーカフェ

f:id:kazokunoegao:20190420164847j:image

2019年4月某日。妹と2人で日帰り京都散策を楽しんできました。食事についてはお互いかねてからから行きたかったお店にそれぞれ行こうということになり、私は京都三条にある、ヴィーガンレストランの「CHOICE(チョイス)」さんに行きたいと候補に挙げました。

京都三条駅ヴィーガン&グルテンフリーカフェ

f:id:kazokunoegao:20190501094636j:plain

玄関先には看板犬の黒柴ちゃんがお出迎えしてくれていました。店内にも柴犬2匹の可愛いポートレートが飾られていました。オーナーさんの愛犬かな?

f:id:kazokunoegao:20190501091110j:plain

CHOICEさんはヴィーガンレストランで、グルテンフリーのメニューを扱われています。カフェとして看板を上げられていましたが、ハンバーグやパスタ、カレーにサンドメニューなど、食事メニューが豊富で、チーズの盛り合わせやアルコールも置いてあり、結構しっかりした食事を摂ることが出来ます。

もちろんジュースやパンケーキなどのスイーツもあるので、カフェとしての利用も楽しめそうです。

店内は落ち着いたナチュラルな内装で、外国人客やリピーターっぽい女性のおひとり様、母子の親子連れ客などが来られていました。座席間も程よく空いていて、ゆっくりくつろいで落ち着いて食事が出来る内装になっていました。女性好みの可愛い内装でした♡

(実は私は元建築士なので、内装設計とかインテリアとかスゴく気になります💦)

f:id:kazokunoegao:20190501091143j:plain

地方ではなかなか経営が難しい「ヴィーガン」や「グルテンフリー」という看板。しかし京都という土地柄、国内だけでなく海外からの観光客も多い地域です。

駅からすぐという便利な立地アクセスも利便性が高いお店となっている様です。
近くだったら全メニュー制覇するまで行きたいのにな、と思える充実したメニューでした。

私はヴィーガンではありませんが

f:id:kazokunoegao:20190420170138j:image

私はヴィーガンではないのですが、その「糖質を避けすぎない」という考えや「食物繊維の摂取を推奨」、「オーガニックや精製度の低い食品を多く摂る」という考えには賛同しています。

こちらのお店はヴィーガンのバイブルともいわれている「チャイナ・スタディ」の著者T・コリン・キャンベル氏の本である「The LOW-CARB FRAUD」を訳された、鈴木晴恵氏(京都の鈴木形成外科院長)がオーナーであると知り、かねてから行ってみたいと思っていたのです。

鈴木晴恵氏は「プラントベース・ホールフード」を推奨するドクターです。動物性食材を用いずに、未精製の穀類やオーガニック食材を推奨する食事法。発酵食も推奨されており、ヴィーガンチーズなども沢山揃えられていました。

私は動物性たんぱく質の摂取も(ある程度必要と)大事だと思っているので、動物性たんぱく質・脂質の完全排除は目指していませんが、「植物性たんぱく質なのに、代替えのチーズやバターがとっても美味しい!」という情報を得て、ぜひ行ってみたい!と思っていたお店でした。

 

動物性食材を使わない美味しさに驚き

f:id:kazokunoegao:20190420165039j:image

この後に、2軒目のレストランにもいく予定だったので、私は雑穀と豆のハンバーグとグラスワインを注文。(昼前から早速飲むのかい💦)もちろんハンバーグはお肉ではありません。ソースにもキノコ類とレンズ豆をたっぷり使っていました。

ハンバーグは全然豆っぽいクセがなく、これなら子どもたちも喜んで食べそう!というのが感想です。

実は私もDASH食を取り入れるようになってからは豆好きになり、ひよこ豆を結構使うようになったのですが、ひき肉のハンバーグなどに茹でたひよこ豆をすりつぶして入れたことがあるのですが、子どもたちには「なんか豆の味がする…」と不人気だったんですよね。

でも、なんだろ、豆と一緒の雑穀のおかげなのかな?ぜんぜん豆っぽい癖がありませんでした。雑穀はキヌアとかはいってるのかな?という感じでした。サイズは小さめですが美味しく頂けました。


f:id:kazokunoegao:20190420165120j:image

妹はパスタを注文。ミニグリーンサラダ付き。一緒にイエロースムージーを注文。ミートソース風のショートパスタ、モッツアレラチーズのボロネーゼです。パスタとハンバーグをシェアして味見しましたが、チーズはフレッシュなあっさりしたものでした。

こっくりしたチーズ好きさんには物足りないかもしれませんが、チーズのクセが苦手な人には美味しいと思えるかも。

ソースは雑穀を使ったもので、コクがありしっかりした味で食べ応えがありました。噛めば噛むほど旨みが出る感じ。雑穀のボロネーゼ、なかなかでしたよ。

スムージーもオレンジをベースにしたフルーツスムージーで、トロットロの果実感がしっかりあって濃厚で美味しかったです。


f:id:kazokunoegao:20190420165137j:image

チーズの盛り合わせとどっちを頼もうか~?と姉妹で悩んだのですが、チーズは通販でも買えるようだったので、ヴィーガンバターを食べてみよう!ということになり、プレーンのパンケーキを注文しました。けんかにならないよう、バターは1個追加注文して、ひとつずつ食べました(笑)

メープルシロップとヴィーガンバター。結構こっくりした風味がありました。豆乳?という感じではないようなコクがあるので、ココナツミルクとかココナツオイルの様な感じかもしれませんね。

パンケーキ生地はグルテンフリーですから米粉とかになるのかな?全粒粉っぽい粒々がありました。ふわっとした膨らみがしっかりあって、美味しかったです。

なかなかの満足度また行きたいお店

f:id:kazokunoegao:20190501110747j:image

f:id:kazokunoegao:20190501110758j:image

私が昔、厳しい糖質制限をしていた頃は、糖質だけを厳しく制限するだけのやり方で、脂質やたんぱく質、食物繊維や塩分などには全くと言っていいほど「度外視」していました。

ただただ、糖質だけカットしていれば問題ない、全ては糖質が悪者、排除すべきは憎き糖質!と思いこんでいた時期がありました。(お恥ずかしい限りですが)

しかし、いろいろな情報を探求する仲間たちと勉強していくうちに、糖質は排除すべき敵や悪者ではなく、上手に付き合って味方にすればとてもいい働きをしてくれるもので、避けすぎることが逆に不調を招く原因となる、ということを知りました。

今はいろいろな食事法(ダイエット)を学び、そのいろいろな食事法の「良いとこどり」をして、無理のない自分にあった食事法を実践していきたいと考えるようになりました。

その中で注目しているうちのひとつが「プラントベース・ホールフード」です。この考えは、菜食ベースの食事法を支持する、ヴィーガンやナチュラル・ハイジーンの食事法を推奨される方にも共通したものが多いと思われます。

普段の食事全てを完全に支持する食事法に適合させることはとても難しいことですが、自分の出来る範囲で、その食事法のいいとこどりを自分のペースで実践していくことを目標としていきたいと考える中、色々な食事法の美味しさに触れてみることは、いい刺激になるし、楽しい発見につながると考えています。

食事は一生続くなくてはならないものです。ならば、決まった枠の中のもので満足するのではなく、いろいろな美味しいものをたくさん食べたい、美味しいものをもっと知りたいと思うのです。

今回のカフェでも、普段なかなか自分では作れない、食材を美味しさを活かした料理を食べることが出来てよかったです。これからもいろいろな新しい発見につながる料理を食べてみたいと思います!