フリースタイルリブレとダイエット

糖質制限は不調が現れた為に中止、フリースタイルリブレで血糖値を測りながら、DASH食を取り入れた健康的なダイエット(食事法)を目指しています

【ミューズリー】腸活や便秘対策のため食物繊維を意識した食事を

f:id:kazokunoegao:20200914001504j:image

日本ではまだあまり馴染みの低い【ミューズリー】。最近はダイエットや健康志向の方に朝食向けシリアルとして【グラノーラ】が注目されるようになったことから、ミューズリーも少しづつではありますが認知されるようになりました。手軽に摂れる、食物繊維が豊富なミューズリーについてご紹介したいと思います。

 

海外でミューズリーは定番のシリアル

f:id:kazokunoegao:20200913235002j:image

最近、ネットのアウトレットサイトで購入したミューズリー2種です。左がデルバ。右がアララ。なんかゲームキャラみたいな名前ですが(笑)メーカーさんの名前です。

海外産ミューズリーは商品により差はありますが、1キロで約1000円ほどと、お手頃なお値段。国産の市販グラノーラ類だと、400g入りで600~700円程度のオープン価格で販売されていますので、決して高いものではないと思われます。

ただメーカーによっては、包材がジッパー袋じゃないものもありますので、開封の度に使用後、きっちり自分で口を閉じておく必要があります。私は面倒くさがりなのでそのままの袋ですが、パスタケースなどに移せば便利かもしれませんね。

ミューズリーの原材料の主となっているのは未加工の麦類。食感は硬いですが、しっかりよく噛んで食べれば、その噛みごたえから少量でも満腹感を味わうことが出来ますし、早食い防止にもなります。食物繊維が多く含まれ、消化もゆっくりで血糖値も上がりにくく、腹持ちもよい。食物繊維はお通じを促し、腸内細菌のエサにもなります。

また、未加工の麦類を多く使っていますので、朝食に菓子パン類を食べることに比較すれば、食品添加物類の摂取を無理なく減らすことが出来ます。

デルバ・フルーツミューズリーはドイツ産

f:id:kazokunoegao:20200914000825j:image

ドイツ産のデルバのフルーツミューズリー。見た目にもレーズンが目立ち、ドライフルーツの割合が多いのが解ります。

小皿に中身をざっと分けてみましたが、ドライフルーツの割合はやはり多め。レーズンはたっぷり入っていますが、バナナは少ない感じでした。その他にもリンゴやあんず、いちごと書かれていますが、小さなダイス状のドライフルーツが入っているので、これかなと。

黄色い薄いチップはコーンフレーク。麦は4種類使われています。ひまわりの種も入っていますが、量的には少なく、なかなか見つけられませんでした

f:id:kazokunoegao:20200914000841j:image

原材料を見てちょっと気になるのが、バナナチップに使われているやし油です。バナナチップはどうしても油で揚げることになってしまうので、購入後は早く食べきるのがベスト。

その他にもレーズン等のドライフルーツには、コーティング油を使用しているものもあるので、ミューズリー全般に共通していえるのは、フルーツが入っている場合は劣化酸化油を極力避けるためにも、購入後は早めに食べきるのがベスト。

買い置きもできればたくさんせずに、その都度新しいものを購入することをおすすめします。

アララのミューズリーはイギリス産

f:id:kazokunoegao:20200914000942j:image

アララミューズリーも小皿にざっと分けてみた所、デルバに比べると、フルーツは少ない?といった印象でした。でもバナナチップは大きめのものが入っていました。

原材料にかぼちゃの種とカシューナッツとありますが、ざっと取り分けた小皿分には、あるかないか?程度しか入っていませんでした。

f:id:kazokunoegao:20200914000955j:image

こちらはバナナチップの油について書かれていませんが、バナナチップは油で揚げますので、こちらもヤシ油またはパーム油などが入っているかと思われます。

麦芽フレーク、小麦フレーク、大麦フレークは、平たく押し加工されたものですが、どれが何かはちょっとわかりづらい(笑)何も押し加工されていない黒い粒が、オーツ麦かと思われます。フレーク加工されてると、水分を吸収しやすいかと思います。

カントリーファームはドイツ産ミューズリー

f:id:kazokunoegao:20200914055016j:image

カントリーファームのミューズリー。こちらもドイツ産です。コーンフレークが入っています。レーズンが多めの印象です。こちらは購入はKALDIでした。

f:id:kazokunoegao:20200914060956j:image

f:id:kazokunoegao:20200914001409j:image

麦類だけ小皿に取ってみましたが、黒い小さな粒がライ麦かなと。

エルサンクジャポン・フランス産ミューズリー

f:id:kazokunoegao:20200914001624j:image

私が1番手に入りやすいのがエルサンクジャポン(国内販売店)のフランス産ミューズリー。近所のスーパーで取り扱いがあり、フルーツタイプ、ハイファイバータイプ、共にいつでも店頭に並んでいます。やはり一番「自分が入手しやすい」ものを買うのが、長続きする秘訣かもしれませんね。

f:id:kazokunoegao:20200914001541j:image

f:id:kazokunoegao:20200914055105j:image

「ドライフルーツは少なめがいい」という方には、こちらのハイファイバータイプがおすすめです。またエルサンクジャポンのシリーズには、フルーツ&ナッツのタイプもあります。(店頭販売されているのは見たことがないのですが、ネットだと買えます)

ミューズリーは【食べやすさや好みの食感】で選ぶのが重要かと思いますが、私の中では、買いやすさで選ぶのが一番かな?と思います。

無くなってきたら、わざわざネットで探さないと買えないというのはちょっと面倒。安くても送料が別途かかれば、高価な食材になってしまい、継続して買う事が出来なくなればだんだんと食べなくなってしまうことに。
普段の買い物に行った時に店頭で見つけて、あ!そうそう、買い忘れてた!と買えるのが理想ではないかな?と思います。

市販グラノーラ類には砂糖が添加されています

f:id:kazokunoegao:20201024234945j:image

健康志向ブームから、最近スーパーのシリアルコーナーも充実するようになりました。しかし、棚に多く並ぶのが「フルグラ」や「グラノーラ」などの名称のいろいろなものが添加された加工シリアル

ミューズリーに比べると、砂糖やビタミン剤、食品添加物が多く添加された【超加工品】であることが解ります。いろいろなものが添加されるために、劣化を防ぐ食品添加物が加えられ、添加物が添加物を増やしているような状態になっています。

砂糖が添加されているために、甘味も強くなっているため、糖質も高めです。

栄養成分で食物繊維量がミューズリーに比べて若干高いのは、水溶性食物繊維が食品添加物として後から加えられているからで、ミューズリーのような「未精製麦類に含まれる素材そのものの食物繊維量」ではありません。

最近は「チョコバナナ味」や「いちご多め」など、いろいろなグラノーラ商品を見かけますが、たまにデザート感覚で食べるならアリかな?と思いますが、毎日摂る朝食としてはやはり、添加物を極力避けた、未加工食材を多く使ったものを摂りたいと私は考えています。

おすすめのミューズリーの食べ方

f:id:kazokunoegao:20200913234812j:image

食べ方は、ヨーグルトや牛乳を掛けて、少し時間をおいてから(コーヒーを飲んだりして)ふやかすようにしてから食べるのがおすすめかなと。硬い食感が苦手と言う方も、少し水分を含ませてから食べると、かなり食べやすくなるかと思います。

朝食で食べる時は、無糖ヨーグルトと季節の生のフルーツを足して食べるのが定番です👍(上記の写真は、いちじくとブラックベリー。生のフルーツを買いに休日の朝は道の駅に行くのを楽しみにしています♡)

f:id:kazokunoegao:20200915190824j:image

朝ごはん以外にも、私は昼食のお弁当に、サラダやフルーツと一緒に持参してご飯の代りや主食として食べています。豆乳の少量パックタイプと一緒に持参し、豆乳をかけるのが定番です✨

食物繊維と植物性タンパク質が同時に手軽に摂れます。

f:id:kazokunoegao:20200914001205j:image

前日の疲れや体調不良ぎみでお弁当を作るのが面倒臭い時や、お弁当のおかずストックが何にもない時にも、ミューズリーと豆乳があればそれだけで済ませちゃうことも(笑)←まさに究極の手抜き弁当

 

自分にあった美味しいミューズリーを見つければ、手軽な食物繊維摂取が長続きしますので、ぜひお試しください。